Spain

IMG_0353

Mathematicians (from Overture)


これ結構気に入ってまして(笑)、それだけでアルバムの1曲目に持ってきたような感じです。

2音のシンプルなメロディーとビートや声で、編んでいくようなイメージで作業してました。声はコンピュータで発声させていますが、どこにも存在しな い言語です。3分間の中で割と展開がめまぐるしく変わるようなところもありますが、このテンションの高い、凝縮感のあるアルバムのオープニングとして次の 曲につながっていくための、ある種の慌ただしさを演出できてもいるのかな、と結果的に感じています。

ぜひ聞いてみてください。

——-

This is my song from album ‘overture’.

I am very satisfied with this song, and so I positioned the song as a first tune of the album.

I made the song like knitting with characteristic and simple melody, beat, and voice. The voice was made by computer, and it speaks in a language which doesn’t exist.

The song develops rapidly in just 3 minutes. But I think it helps to lead to the next song, and works as a symbolic introduction of this hyper album. Of course I felt it after having finished producing the entire album :) I’m not very smart.

Listen !!

The End

シンプルなメロディーと揺れるリズム、というただそれだけの作品なんです が、作っていくプロセスとしては余分な音を取り除いていった結果シンプルになったのではなく、その逆で、音を足していって、この状態で良いというところス トップして完了、というものです。これは僕にしてはめずらしくて、だいたいは複雑になりすぎたところから要素を引いていくという方法で作っています。

揺れるビートの「揺れ」が一番よく感じられる程度のBPM(曲の速さってことです)にしたかった、というコンセプトもありました。

ぜひ聞いてみてくださいー。

——

There is just a simple melody and a bouncing beat in this piece, this doesn’t have the other element. When creating the song, I have never take waste sound away and haven’t tried to make the song simple. I added sound little by little, and stopped when I was satisfied. This is rare case when I make music. I always make too complicated first, and next take waste sound away.

This BPM will make you feel more bouncing.

Please listen !